自宅でホワイトニングをするなら難易度を確認してから

歯の黄ばみは、一度気になり始めると、ことあるごとに手軽なホワイトニングができないかと考えてしまうものです。
歯並びがきれいな人や、歯が白くて清潔感を感じる人を見ると、他人から見た自分のイメージはあまりよくないかもしれないと考えてしまいます。



手軽にホワイトニングができる時代になったとはいえ、審美歯科に通うとなると決して安くはない治療費を払うことになります。歯の汚れを落とし、歯石や歯垢を取り除き、あらためてホワイトニング剤で歯を白くする手間は、しばらく歯科医へ通わなければなりません。

仕上がった自分の歯はとてもきれいで、やってよかったと思うでしょう。



ただし、それまでには時間とお金がかかるのが現実です。

自宅でできるなら、少なくとも費用は安くあがるはずだと思っても、市販薬でのホワイトニングには限界があり、しかも歯科医に通うよりも長い期間をかけてゆっくりと歯を白くすることになります。

話題のAll Aboutのお役立ち情報を公開しています。

また、自宅で薬剤を使用するにも、マニキュアのように歯に塗るタイプもありますし、マウスピースで薬剤を染み込ませるタイプもあり、自分にあっているタイプを選ばなくてはいけません。


マウスピースは自分の歯型に合わず歯を痛めることもありますし、マニキュアのように塗るタイプはどうしてもムラが出てしまいます。


経済的な負担を考えるとどうしても自宅でホワイトニングをやりたい、というのであれば使い方や難易度をよく確認してから使用した方が後悔せずに済みます。