予防歯科でいつまでも自分の歯を守る

歯の治療はドリルで削るので、行きたくないと思い、虫歯になる前にいく人は殆どいません。


でも切り傷や骨折などであれば、処置をして元通りになりますが、歯の場合には一度虫歯になってしまえば、元の綺麗な歯に戻ることはありませんから、手遅れといっても過言ではありません。

NAVERまとめ情報をお届けします。

そこで発想を転換して、虫歯になる前に予防するための歯科、予防歯科の登場です。



馴染みのない言葉ですから、何をするのかわかりにくいですが、普段の歯磨きやデンタルフロスでのケアでは取りきれない汚れなどをプロの技術を設備を使って取り除く、という予防法です。

定期的に掃除をすることで、歯が虫歯になる可能性は極端に落ちます。
それに、万が一虫歯や歯周病など、歯を損なうお添えのある病気があれば、すぐに発見して治療に取り掛かることが出来ます。

虫歯になれば綺麗な歯に戻ることはないと表現しましたが、例外としてごく初期に適切な治療をして歯の再石灰化を促進させれば元に戻る可能性も出てくるのです。


こまめに予防歯科に通えば、医療費がかかると心配になるかもしれませんが、虫歯の治療で大きく削ったり銀歯や入れ歯になってしまったら、かなりの費用がかかります。



それを考えれば、予防歯科に通うことのコストは、大したものではありません。
予防歯科でやることは、普通の歯科医院でもやれることですが、できれば予防歯科という名前を掲げている歯科医院に探したほうが、技術や知識の質が高いということで安心です。