整形外科と形成外科の違いとは

医療機関には様々な科が存在しますが、整形外科と形成外科の違いが何か実際に理解している人はどれくらいいるのでしょうか。

簡単に言ってしまうと、整形外科とか骨折や打撲、ねんざ、腰痛や関節痛などを扱う医療機関であり、湿布やテーピングなどで治療したり、必要があれば手術を行ったりそれらの症状が改善するまで通うところでもあります。



それに対し形成外科というのは、身体表面の改善を目的とする科であり、あざややけど跡など見た目が醜い状態を改善するために医療機関です。
形成外科で治療するのは、乳幼児にある口唇口蓋列や多指症などの先天性異常や、皮膚や皮下の腫瘍、事故や病気による皮膚移植が必要な程の深い外傷などの治療です。

今、最も注目を集めるtogetterに関する情報です。

いわゆる美容目的の美容整形や、包茎手術も形成外科に含まれます。

以前では整形外科で形成外科の分野の治療も行っていましたが、生まれつきの症状やあざなど、見た目がひどい状態の患者を治療することもあったため、そこから分離して形成外科が確立したと言われています。ただ、場合によっては様々な科が協力して治療を行うこともあります。


乳がんによる乳房の再建手術などは、主な治療は胸部外科が行い、再建手術は形成外科が行う場合もあります。



実際に、体に何らかの症状があった場合にどの科に行って良いのか迷った際には、骨や関節に関することは整形外科、見た目の改善をよ良くする場合には形成外科と区別しておくとわかりやすいでしょう。